栄養管理、栄養計算ソフトの開発・販売

まめぞう見聞録

まめぞう見聞録

【まめぞう見聞録】VOL.13

《目標達成のためには》

 みなさま、新年明けましておめでとうございます。

 今年も僕たち東洋システムサイエンスのマスコットキャラクター、“まめぞう”と“まめたろう”をよろしくお願いします。

 昨年1月から毎月1回お届けしている「まめぞう見聞録」。
 みなさまのおかけで無事に1周年を迎えることができました。
 ありがとうございます。
 
 
 
 これからも楽しく、役立つ? 情報を発信していきたいと思います。
「まめ風呂。」××ではなく……「まめぶろ。」も頑張っています!! 併せてお楽しみください♪♪

 さて、今年最初の「まめぞう見聞録」。
 年の初めに立てるものと言えば“目標”ですよね。
 今回はその「目標を達成するために必要なこと」をFさんに聞いてきました。

=====================

 年の初めに目標を立てる人は多くいると思います。  ですが目標の達成は簡単ではありませんね。  では目標を達成するために必要なこととは、どんなことでしょうか?
 例えば100人に「100人全員がひとり1人異なった方法で10m先に移動する」という目標が与えられたとしましょう。
 目標は10m先への移動ですから、とても単純です。
 ですが“1人ひとり異なった方法で”というのが目標達成を阻む障害となっています。
 さて、この100人はどのような方法で目標を達成したのでしょうか?

 ある人は大股で、ある人は駆け足で、ある人はスキップで、後ろ向きで、くるくる回りながら、手をたたきながら、スクワットをしながら、四つんばい、腹這い、うさぎ跳び……といった具合に100人がそれぞれ違う方法で10m先に移動し、無事に目標を達成することができました。

 それぞれが用いた方法の中には簡単に10m移動できるものもあれば、少し大変な思いをする方法、
 早く移動できる方法もあれば、時間がかかる方法もありました。

 ではどの方法が正しい方法なのでしょうか?

 一番早く10m先に着くのが一番良いようにも思えますが、後ろ向きに進むことで見えてくる景色もありますし、スクワットをしながら進めば10m進む間に体力向上を図ることができます。

 ですから、どの方法が良いかというのは、 時と場合、条件、状況によっても異なっていて、必ずしも正しい方法と正しくない方法の2つに分けることはできません。
 
 
 だからこそ……。
 
 
1,方法をたくさん見つける 2,条件や状況に合わせた方法を選択する  
 
 目標達成には、この2つがとても重要になります。

 目標達成までに時間がないのなら、短時間でたどり着く方法を。
 
 時間はあるが、付随した効果も期待したいのであれば、ちょっと回り道した方法を選んでみるのもいいですね。

 大切なのは、「目標を達成するための方法は1つではない。たくさんある」事を認識することです。

 個人の目標でも仕事の目標でもそうですが、一つの方法でうまくいかなくても他の方法で試す。
 この柔軟さこそが目標達成の近道とも言えるかもしれませんね。

 私も含めて、今年の目標が達成できるよう、色々な道(方法)を探していきましょう。

======================

 なるほど〜。
 目標は達成しないと意味がないし、達成するためには色々な方法を考えること。
 正しく選択することが大事なんだね、

 さて、僕の今年の目標は“○なっしー”みたいに活躍することです。
 ○汁ならぬ、豆汁!?豆乳ブッシャ―です(笑)。

 まめたろうの目標は……“おいしいものをたくさん食べること!!”とのことです。

 早速、目標達成の方法をたくさん考えてみようかな。

皆さんも今年の目標を立て、達成するべく色々な方法を探しながら一年を過ごしましょう!!!