栄養管理、栄養計算ソフトの開発・販売

まめぞう見聞録

まめぞう見聞録

【まめぞう見聞録】VOL.18

《食事はやっぱり1日3回!?》

 みなさんは1日に何回食事を摂りますか?
 
 栄養士さんだから1日3回の食事は当たり!! ですよね。
 
 僕は朝・昼・夕の3回、たまにおやつ♪♪
 まめたろうは……朝・昼・夕の他に……朝おやつ・午前おやつ・午後おやつ・夕方おやつ!?
 そんなんじゃメタボになっちゃう……っていうか既にメタボ!!
 
 僕の友達は昼と夕の1日2回しか食事を摂らないんだって。
 
 いろいろ試したけど、それが一番体の調整がいいって。
 
 僕は“朝食は必ず食べなさい”ってお母さんに言われるけど……昼と夜しか食べない人はダメなのかな?
 今回はその辺りを調査してみました。
 
 

======================

 
 色々と調べてみると「時間栄養学」というのがあるみたいです。
 
 時間栄養学というのは
 
 1)どんな栄養素を?
 2)1日にどれぐらい摂取したらよいか?
 
 という従来の栄養管理に加えて食事を摂る時間によって、体に及ぼす影響がどの程度異なるのか? 同じ栄養を摂取するのでも、より良い摂取時間があるのか?
 
 つまり
 
 3)『いつ(どの時間帯に)食べるのが良いのか?』
 
 というのを研究している学問のようです。
 
 時間栄養学の研究は発展途上なんだけど、
 
 「食事をいつ摂るのが良いのかは、生体リズムと深く関係していて、食事が生体リズムの時間調整にも役立っている」
 「朝食:昼食:夕食のバランスは3:3:4が望ましい」
 「朝食は起床後2時間以内に摂ると良い」
 
 ということがわかってきているんだって。
 
 また別の研究では朝食を食べる人と食べない人を比べた時には
 
 「朝食を食べた人の方が学力・体力ともテストの結果が良くなる」
 
 という報告もありました。
 
 さっそく、1日2回しか食事を摂らない友達にも教えてあげなくちゃ。
 
 

======================

 
 
 栄養士さんに聞いたら、実は来年改定される「日本人の食事摂取基準(2015年版)」でもこの時間栄養学の考え方を取り入れるかどうかの検討がされたんだって。
 でも今回はエビデンス(証拠・根拠)がまだまだ不足しているとのことで、摂取時間に関しての指針提示は見送りになったそうです。
 
 十分なエビデンスが出てくれば、今後の改定の時には1日に必要な栄養量に加えて何時頃、どの栄養価をどれぐらい摂取すると良いのかという基準も示されるかもしれないね。
 
 
 「時間栄養学」が気になった方はインターネットや書籍で詳しく勉強してみてね。
 
 
 最近は仕事柄、早朝や深夜に海外とのやり取りを行ったり、サービス業が長時間化している影響で朝・昼・夜に関係なく仕事をしている人も多いよね。
 
 一日3回の食事が理想的かもしれないけど、なかなか実行できない人(まめたろうも!!)も良く聞くし。
 
 栄養士さんであれば、「時間栄養学」なんていう最新知識もしっかり勉強して、たくさんの人の生活習慣、食事習慣に合わせた、食事方法を提案できるといいね〜。